一棟マンション投資について

一棟マンションは入居者が多いため高い収益を上げられることが可能であるとして最近話題となっていますが、そのリスクも非常に高いものがあります。
多くの部屋の入居を管理することは非常に手間がかかる上、空室が多くなるほど収入が減り、これに対する収益管理も非常に困難になりがちな恐れがあるため十分な注意が必要です。
不動産投資における金額も大きい上に、空室が増えた場合固定資産税等の出費が非常に大きくなってしまうこともあるため、建物の管理をしっかりと行える管理会社を見つけて運用することが重要です。

一棟マンションへの不動産投資のリスク

一棟マンションへの不動産投資のリスク 不動産投資を行う際には収入と支出のバランスを十分に考慮することが大切です。
マンションの場合には賃貸を行って収入を得る場合にはその家賃収入と固定資産税や維持費等の合計がしっかりとバランスがとられていることが非常に重要となります。
一般的にマンションを賃貸する場合は、一部屋を購入しこれを賃貸することで収益を上げようとする人も多いのですが、中には大きな収入を見込んで一棟マンションを購入し運用しようとする人も増えています。
しかし一棟マンションの場合にはその先行投資が非常に大きな上、ある程度の入居者を確保しないと収益バランスがマイナスになってしまうというリスクが高いため、綿密な計画を立てて購入することが重要です。
さらに空室は大きな損失となるため、空室を作らないような適切な管理を行うことが重要です。

一棟マンション不動産投資は苦労が多い

一棟マンション不動産投資は苦労が多い 一棟マンションに投資をすることは、区分所有とは違って空室リスクを抑えることができると言われています。
確かに一室に入居者がいるかいないかしかない区分所有よりも、部屋数における入居数の割合で勝負ができる一棟マンションの方が収益は安定しています。
しかし区分所有とは異なった苦労があるのも事実です。賃貸マンション市場における人気は、部屋単位ではなく棟単位で決まります。
つまりその地域で人気が無ければ、そのマンション丸ごと収益率が低くなるわけです。
もちろんその逆も然りですが、区分所有以上に所有物件に対するメンテナンスの重要性が高まります。
また、その建物を管理する部分での仕事が多くなります。賃貸住宅には住民自治は基本的に無く、建て替えの判断や設備投資などの判断を全てオーナーが行うことになります。
管理会社に丸投げしていてはコストパフォーマンスが低下するだけです。
不動産投資というよりも、不動産業としての色彩が濃くなると言えます。少なくとも本業が忙しい中で片手間で…というスタンスでは一棟マンションの経営は不可能と思われます。
また初期投資の額が巨額であり、失敗=破産と言っても過言ではありません。
生まれついての金持ちでもない限り、人生を賭ける覚悟ができる人だけの世界と言えます。